幼児の視力検査

幼児期の視力検査の目的

弱視になる可能性のある、近視、遠視、乱視、斜視などを、できるだけ早く発見し(3歳未満が望ましく、1歳6ヶ月頃の検査を推奨)、治療につなげることを目的としています。

図のように、3歳を過ぎると、そこで、弱視の原因になる視力障害を発見しても、十分な治療ができないことがあります。
もちろん、幼児は普通の視力検査は無理ですが、最近作られた特殊な器械で測定すれば、比較的簡単に測定ができます。
当院ではこの器械を購入し、かかりつけの患者さんのスクリーニングに活用することにしました。
なお、当然ですが、検査時点で「正常」であっても、その後、視力障害を起こすことはあります。(例えば勉強のしすぎとか・・・)
また、年長児以降のように、視力が1.0とか1.2とかを測定するものではなく、あくまでも弱視になりうる視力障害を早期に発見するためのものです。


クリックすると、わかりやすい90秒ぐらいの動画(ウェルチ・アレン・ジャパン提供)にリンクします。

幼児の視力測定の方法


このような器械で測定します。特に測定者の資格はなく、測定者の手技による差が無い器械ですので、通常スタッフが測定します。必要な時間は20秒ぐらいです。泣いていなければすぐに終わります。なお、お子さまのご機嫌によっては測定できないことがありますが、ご了承ください。

視力検査をする時間帯・場所

不定期ですが、新しい予定は、Web予約Stationの予約、または空き状況の画面をいつものご予約と同様に開いていただき、ご確認ください。
ここをクリックすると、予約はできませんが、空き状況はわかります。「空き状況」をクリックして、科目としては、「幼児視力検査」を選択してください。

予約制で行います。場所は4Fクリニックです。待合室A(予防接種の人と一緒です)においでください。

検査の対象になる方と予約方法

当院がかかりつけの、おおむね1~3歳児で、Web予約Stationに登録が済んでいる方。
Web予約Station(通常のWebでの予約)で予約ができます。電話では予約ができません。予防接種と同様に、ご家族でも検査を受けたい方が複数いる場合には、全員の予約をお願いします。同じ時間帯に同時に予約をすれば3名までは予約が可能です。診療扱いではないので、スクリーニング検査については料金は無料です。なお、器械の不具合などにより、測定できない場合も万が一にはあり得ますことをご了承の上ご予約ください。
※当院を全く初診の場合は、有料(¥1200)になります。