渋谷道玄坂 あおば司法書士事務所

(1)抵当権・根抵当権(担保権)抹消登記

住宅ローンを完済したら、突然、金融機関から書類が送られてきた。何をすべきかわからない・・・そのような場合には、司法書士にお任せ下さい! そのまま放置しておくと、住所移転が増えてしまったり、相続が発生した場合など登記が複雑になり、 いざというとき、その不動産を売却できなくなったり、新たな融資を受けられなくなるおそれがあります。 また、金融機関から貰った書類を紛失してしまうおそれもあり、費用面のみならず、時間も余計にかかってしまいます。 しかも、有効期限がある書類もありますので、早めに登記の申請をすることをお奨めします。

☆お客様が住所変更をなされている場合、住所移転の登記が必要となります。
☆根抵当権の元本確定の登記が必要な場合もあります。

@住宅ローンなどの完済・返済

金融機関から下記の書類が渡されます(書類はあくまで一例です)。
  • 登記済権利証(登記識別情報)
  • 登記原因証明情報(例:弁済証書・解除証書など)
  • 資格証明書(登記申請3ヶ月以内)
  • 金融機関の委任状
  • 金融機関の登記事項証明書
  • 金融機関の印鑑証明書など

Aご相談・ご依頼・ご本人確認

まずは、ご連絡いただだくか、直接、ご来所下さい。
土日祝日も通常営業。早朝夜間も対応します。
※金融機関から渡された書類、お客様のご印鑑、身分証明書(運転免許証・健康保険証等)をご用意下さい。

東京都渋谷区道玄坂一丁目17番9号
ヴェラハイツ道玄坂703号室
電話番号:03−6416−9241
FAX番号:03−6416−9251
メール

Bお客様の委任状の作成

お客様の委任状を当事務所で作成し、あるいは、金融機関の用意した委任状の指定された箇所に記名押印していただきます。

C金融機関の本人確認

当事務所から金融機関に対して、今回の抹消登記に関する登記意思確認及び書類等の返却方法について確認させていただきます。

D登記申請

登録免許税として、不動産物件一つ(一筆)につき1000円を国に納めます。
当事務所から法務局に対して申請します。オンライン申請に対応しておりますので、全国どこの不動産物件でも申請可能です。
登記完了まで、約1〜3週間ぐらいかかります。

E登記完了

登記完了後の登記事項証明書のお渡しします。また、書類の返却し、費用の精算をさせていただきます。
一部の書類は金融機関に返却いたします。

よくあるご質問

Q1 抹消登記は自分でもできますか?

→A1 お客様ご自身でもすることは可能です。

司法書士報酬を節約するためにも、ご自身でチャレンジされることも良いと思います。実際にやってみて、難しいとお感じになりましてからご依頼いただくことも選択肢の一つかもしれません。もっとも、各金融機関によっては、合併をしている場合「抵当権移転登記」が必要になりますし、商号や本店移転などお客様自身では判断かつかない場合もあります。したがって、お時間の節約を考えても最初から司法書士に依頼していただいた方が良いのかもしれません。

Q2 金融機関の合併による「抵当権移転」登記費用も負担するのでしょうか?

→A2 お客様ではなく、金融機関の負担になります。

金融機関の合併による「抵当権移転」登記は、法律上、金融機関のみで申請しますし(単独申請)、合併は、お客様のご事情ではございません。したがって、登録免許税や司法書士報酬などは、当該金融機関の負担になります。当事務所にご依頼頂いた場合には、その交渉も含めてやらせていただきますので、ご安心下さい。

Q3 金融機関から預った書類を紛失してしまいました。登記はできないのでしょうか?

→A3 「事前通知」制度を使用して登記をすることは可能です。

登記済権利証(登記識別情報)は再発行されないため、「事前通知」という制度を利用して登記をすることになります。もっとも、金融機関に再度、他の書類を請求したり、 「事前通知」制度は、時間がかかるため、通常場合よりも、時間も費用も、そして何よりも精神面の負担が増えてしまいます。したがって、書類を受領しましたら、早めに登記をすることをお奨めします。

Q4 金融機関から「司法書士を紹介します」と言われてます。あるいは、郵送されてきた書類の中に指定の司法書士が記載されているのですが、その指示に従う必要があるのですか?

→A4 その指示に従う必要はありません。

ご自身で抹消登記をしていただいた構いませんし、他の司法書士に依頼しても問題はございません。また、当該金融機関と提携している司法書士にお願いすることも方法の一つです。 選択する権利はお客様にございますので、ご自身の置かれた状況に応じて選んでいただければと思います。また、いくつかの司法書士に聞いてみて相性が合う事務所を選択することもよいかもしれません。



(2)所有権移転登記の抹消登記

所有権の保存又は移転の登記がなされたが、例えば、何らかの事情によりその登記の全部が無効になった場合には、抹消登記を申請することが可能です。全国広しと言えども、所有権移転登記の抹消登記を経験している司法書士は多くはないと思います。そんな経験がある司法書士が在籍している当事務所にご相談いただければと思います。

@ご相談・ご依頼・ご本人確認

まずは、ご連絡いただだくか、直接、ご来所下さい。
土日祝日も通常営業。早朝夜間も対応します。

東京都渋谷区道玄坂一丁目17番9号
ヴェラハイツ道玄坂703号室
電話番号:03−6416−9241
FAX番号:03−6416−9251
メール

※下記書類をご用意下さい。
  • 登記済権利証(登記識別情報)
  • 登記名義人のご実印
  • 登記名義人の印鑑証明書
  • 前の登記名義人のご印鑑
  • 身分証明書(運転免許証・健康保険証等)
  • 第三者がいる場合、その方の承諾書

A登記原因証明情報・委任状の作成

当事務所で登記原因証明情報及び委任状作成し、記名押印していただきます。

B登記申請

登録免許税として、不動産物件一つ(一筆)につき1000円を国に納めます。
当事務所から法務局に対して申請します。オンライン申請に対応しておりますので、全国どこの不動産物件でも申請可能です。
登記完了まで、約1〜3週間ぐらいかかります。

C登記完了

登記完了後の登記事項証明書のお渡しします。また、書類の返却し、費用の精算をさせていただきます。


(3)費用・報酬

登録免許税 不動産1筆につき1000円
登記事項証明書 1通につき480円(オンライン申請窓口受領)
司法書士報酬 11550円(税込)〜
※郵送連絡費がかかる場合があります。