法定後見の手続の流れ

(1)家庭裁判所に申立をします

@申立が出来る人

本人・配偶者・4親等内の親族等・市区町村長他

※市区町村長による申立ては、判断能力が不十分な高齢者等の身近に成年後見等の申立を行う親族がいない等の場合で、「福祉をはかるため、特に必要があると認めるとき」とされています。

A必要書類などの例

※各家庭裁判所により、必要な書類が異なりますので、確認が必要です。
  • 申立書
  • 申立事情説明書・申立書附票(地域によって、名称や内容が異なります)
  • 親族関係説明図(※)
  • 本人の財産目録
  • 本人の収支状況報告書
  • 後見人等候補者事情説明書
  • 代理行為,同意行為について
    • 保佐・補助の場合
      代理行為目録
    • 補助の場合
      同意行為目録
  • 診断書(成年後見用)・診断書付票
  • 戸籍謄本(本人・申立人・後見人等候補者各1通)
  • 世帯全部で省略のないもの住民票(本人・後見人等候補者各1通)
  • 後見人等候補者の身分証明書(地域によって不要です)
  • 登記されていないことの証明書(本人)
  • ご本人の親族の同意書(地域よっては不要です)
  • 愛の手帳の写し
  • など状況により他の書類が必要となる場合があります。
(※)親族関係説明図の作成するために、ご本人の出生から現在までの戸籍等全てが必要となります。

B費用など

  • 収入印紙(申立費用) 800円  ※選択した申立内容によって異なります。
    • 後見開始の申立 800円
    • 保佐開始の申立 800円
    • 保佐開始の申立+代理権付与の申立 1600円
    • 保佐開始の申立+代理権付与の申立+同意権・取消権拡張の申立 2400円
    • 補助開始の申立+代理権付与の申立 1600円
    • 補助開始の申立+同意権・取消権与の申立 1600円
    • 補助開始の申立+代理権付与の申立+同意権・取消権付与の申立 2400円
  • 収入印紙(登記費用) 2600円(1000円×2枚、300円×2枚)
  • 郵便切手 3000円から6000円程度 ※管轄裁判所によって異なります。
    例えば、東京家庭裁判所では、後見の場合3200円 (内訳500円×3枚,100円×5枚,82円×10枚,52円×2枚,20円×8枚,10円×10枚,1円×16枚)、 保佐・補助の場合4100円(内訳500円×4枚,100円×5枚,82円×15枚,52円×3枚,20円×5枚,10円×10枚,1円×14枚)です。
  • 鑑定費用 おおよそ5万円〜10万円程度(精神鑑定が必要な場合に、医師に支払う費用です)
  • 法定後見申立書類作成司法書士報酬 52500円(税込)〜
※費用・報酬は一例であり、状況に応じて異なりますのでご了承下さい。

(2)家庭裁判所が調査・審問・鑑定をします

調査

家庭裁判所調査官が事情を尋ねたり、関係者に問合せをしたりします。

審問

必要がある場合は、審判官等が事情を尋ねます。

鑑定

本人の判断能力についてより正確に把握する必要があるときは、精神鑑定を医師に依頼します。

(3)家庭裁判所が審判をします

審判官が後見開始の審判をします。同時に、後見人の選任をおこない、この審判内容は、申立人や後見人等に通知されます。

(4)東京法務局にて登記されます

(5)後見事務開始

成年後見人

日常生活に関する行為を除くすべての契約などを成年後見人が本人に代わって行い、必要に応じて取り消すこともできます。

保佐人

重要な契約などについては保佐人の同意が必要となります。また、申立により財産管理などを保佐人に任せることができます。

補助人

補助人には重要な契約などに同意する権限や財産管理などの権限をあたえることができます。

成年後見制度に関するよくある質問はこちらをご覧下さい。
あおば司法書士行政書士精神保健福祉士事務所
〒150−0043
東京都渋谷区道玄坂一丁目17番9号
ヴェラハイツ道玄坂703号室
TEL 03−6416−9241
FAX 03−6416−9251
※当事務所では、司法書士・行政書士の法律系資格のみならず、精神保健福祉士など福祉系の資格を有しており、法律・福祉どちらか一方の偏らず、また、両方の知識を有しております。 そして、認知症・知的障害の方のみらず、精神障害者の方に対する接し方にも熟知しております。

尚、成年後見制度に関する初回相談は無料です。また、土日祝日も通常営業しております。御来所が難しい場合、出張相談も行っておりますので、遠慮なくご連絡下さい。